iPhoneがフリーズしたら、まず試してほしい2つの事

iPhone フリーズ TOPバナー

iPhoneが急にフリーズして動かない!ボタンを何回押しても反応なし…
ネットにもつながらず、本体が熱くなっている気もする…
そのような経験はありませんか?
今回は、iPhoneが固まってしまった際の対処法をご紹介します。
「故障かな?寿命かな?」と思う前に、まずお試しください。

①再起動

一番最初に試していただきたいのが再起動です。
再起動とは電源をオフした後に再度電源をオンにすることを指します。
軽い不具合の多くはこの再起動によって改善されます。
iPhoneの「スリープボタン」を長押しして、「スライドで電源オフ」の表示が出たら、
スワイプ(指でスライドさせること)して、消しましょう。
画面が真っ暗になったら完全に電源が切れた合図です!



そこからもう一度「スリープボタン」を長押しすれば、再度電源が付きます。
これで再起動は完了です。



iPhoneにはスリープモードがあるため、わざわざ電源をオフにする機会は少ないと思います。
しかしながら、iPhoneはスリープモード中でも裏で様々な機能が稼働している状況。
電源を一度落とすことによってiPhoneがリフレッシュされ、不具合も直りやすいという事です。
週に一度、iPhoneの再起動してあげても良いかもしれませんね。

②強制リセット

基本的なフリーズ等はだいたい再起動してしまえば直るものですが、
完全に固まってしまい、電源オフさえも出来ないときの最終手段としてお考えください。
iPhoneの「スリープボタン」「ホームボタン」を同時に押す「強制リセット」という方法です。

「スリープボタン」「ホームボタン」同時に押して、



「アップルマーク」表示されたら、押していた手をボタンから離しましょう。



これで強制リセットは完了です。この後自動的に再起動します。

※注意点※
iPhone とパソコンを USB ケーブルで接続している場合(iTunesなど)には、必ず外してから操作を行ってください。
データが消失する恐れがあります!

まとめ

①と②の方法ででだいたいの不具合は解消されますが、それでもまったく動かない場合は故障の可能性あり。初期化をすることで直るケースも。
Appleストア、もしくは正規プロバイダへの持ち込みを推奨いたします。

※画像はすべてSoftBank公式サイトよりお借りしました
 


携帯ショップを探すならNaviSmartへ!ご来店でプレゼントがもらえるクーポンも掲載中!

この内容で送信します。よろしいですか?