【iPhoneのバックアップ方法】iTunesでデータ移行

itunes logo1

iPhoneのバックアップをこまめに取っていますか?
もしもの時(紛失や故障など)に備えて、定期的にバックアップを取る習慣をつけると良いでしょう。
今回はiTunesを使ったバックアップ方法をご紹介します。
パソコンをお持ちの方は、iTunesでのデータ移行が可能です。

iCloudにはデータ保管容量の制限(5GB)がありますが、iTunesならばパソコンの空き容量に応じてバックアップを取ることができます。
写真などiPhoneに沢山のデータを保管している方は、iTunes経由でバックアップをされた方が良いかもしれませんね。
しかも、iCloudでは復元できない「通話履歴」「Wi-Fi接続の記憶」「メールアカウントのパスワード」など、iPhoneに残された細かなデータもそのまま保存できるのがiTunesのメリット。
早速iTunesを使ったバックアップ・復元の流れを見ていきましょう!

 

バックアップから復元までの手順

①旧iPhoneをパソコンにつなぎ、iTunesと同期させます。

そして、バックアップの「このコンピュータ」「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェック。
復元の際に使うパスワードを設定します。
⇒このパスワードは忘れてしまうとバックアップができなくなってしまいます!忘れないように管理をしましょう。
 万が一忘れてしまった場合は、iPhoneを初期化することでパスワードリセットが可能ですが、これは最終手段ですね。

iphone_backup_1

②パスワードを設定後、バックアップが行われます。

完了後、「最新のバックアップ時刻」が更新されているか確認してください。

iphone_backup_2

③旧iPhoneを取り外し、新iPhoneをつないでiTunesを同期させます。

そ​して先程バックアップしたiPhoneのバックアップ時刻を確認し、最新のものであれば「このバックアップから復元」を選択して「続ける」

iphone_backup_3

④先程設定したパスワードを入力

iphone_backup_4

⑤復元が始まります。

iPhoneの方にも「復元の実行中」の文字と、復元にかかる残り時間が表示されます。
この画面のまま、完了するまで待ちましょう。

iphone_backup_5

⑥復元完了!

復元が完了すると、iPhoneが再起動されて「こんにちは」と表示されるスタート画面になります。
開いてホーム画面を確認しましょう。あなたのデータはしっかり移行されていましたか?

iphone_backup_6
※Apple公式HPより
 

携帯ショップを探すならNaviSmartへ!ご来店でプレゼントがもらえるクーポンも掲載中!

この内容で送信します。よろしいですか?