iPhoneアプリが「待機中」のままアップデートできない時の対処法

iPhone 待機中

iPhoneのアプリをダウンロードやアップデートする際に「待機中…」と表示されたまま動かなくなってしまう事はありませんか?
待機中の状態になるとアプリを開くことが出来ないので、使用頻度の高いアプリが止まってしまうと不便ですよね。
今回は待機中に陥ってしまう原因と対策をご紹介します。

主な二つの原因

1.ネットワーク接続が不安定な場合

電波の状況が悪い、Wi-Fiの接続が不安定など、ネットワーク状況に問題がある場合、
ダウンロードやアップデートが止まってしまうことがあります。

2.本体メモリが足りていない場合

ゲームアプリなど、容量の大きいアプリをダウンロードする際に、
iPhone本体の容量不足などが原因で止まってしまうことがあります。

待機中 twitter

対策

1.ネットワーク接続が不安定な場合

方法①Wi-Fiのオン/オフを切り替えてみましょう
iPhoneの画面下方から上に向かって指をスライド(スワイプと呼びます)させると、
『コントロールセンター』というメニューが出てきます。
上に5つボタンが並ぶ中の左から2番目がWi-Fiマークです。このボタンを押したり消したりしてみましょう。(これがWi-Fiのon/offです)
電波環境の不具合が改善されることがあります。

iPhone コントロールパネル Wi-Fi

方法②機内モードのオン/オフを切り替えてみましょう
上記と同じコントロールセンターの中に、飛行機のイラストが描かれた機内モードボタンがあります。(Wi-Fiボタンの隣で、一番左です)
こちらのボタンもWi-Fiのオンオフと同様、ボタンの切り替えを行ってみましょう。
ネットのつながりがよくない場合、この機内モードオンオフを行えば直ることが多いです。
Wi-Fiボタンをいじって直らない場合はこちらをお試しくださいね。

iPhone コントロールパネル 機内モード

方法③アプリを削除してから再ダウンロード
待機中になってしまった場合、ネットワークが正常化してもアップデートが一向に進まないことがあります。
そのような場合は最後の手段として、待機中アプリを削除して同じアプリを再インストールするという方法があります。
ただしアプリによっては、一度削除してしまうと保存データまで一緒に消えてしまうものもありますのでご注意ください。
データが消えては困るアプリに関しては、消すのではなく根気強く方法①と②を試し続けることをオススメします。
逆に消しても問題ないのであれば、削除⇒再ダウンロードを行うことでまず解決します。

※アプリを削除する際はアプリのアイコンを長押しして下さい
 アイコンの左上に✕ボタンが現れるので、こちらを押すと削除できます


iPhone アプリ 削除

2.本体メモリが足りない場合

方法①バックで動いているアプリを落とす
ホームボタンをダブルクリックすると、現在起動中のアプリが連なるように表示されます。
アプリを上方向に向かってスワイプすると、アプリの動作を終了させることができます。(アプリ自体は削除されません)

iPhone アプリ タスク

方法②メモリ解放アプリを使う
メモリ解放アプリとは、iPhone内の不要なキャッシュを削除してiPhoneのデータを軽くしてくれるものです。
スワイプや電源を落とすことなくメモリを解放することができるので、ひとつ入れておいてみても良いかもしれません。
メモリ解放アプリにはいろいろな種類がありますが、下記はその一例です。

メモリ解放アプリ

方法③電源を再起動
重かったり、不具合があったりする場合は、電源を落として再起動させれば大体の問題は解決します。
アレコレ試しても状況が変わらない時は、一度再起動してみましょう!
再起動についてはこちらの記事をご参照ください。

以上の方法で、無事にダウンロード・アップデートは進みましたか?
全て試しても解決しない場合はサーバー側に問題がある可能性もありますので、しばらく時間を置いてみましょう。

まとめ

iPhoneアプリをダウンロード・アップデートする際は良好な電波・Wi-Fi環境とiPhoneの容量が必要です!
これを機に、不要なアプリやファイルを削除してiPhone内を掃除してみるのも良いかもしれませんよ。

 


■お得な携帯ショップ検索は「Navi Smart」!お得なクーポンもチェック■

この内容で送信します。よろしいですか?